よく、この質問を受けます。DSMというアメリカ精神医学会の診断基準が2013年にIV-TR(第四版)から5(第五版)に改訂されて、アスペルガー症候群(アスペルガー障害)という分類はなくなり、従来の自閉症(自閉性障害)も含めて自閉スペクトラム症に統一されました。ただ、この定義はアメリカ精神医学会の診断基準であり、アメリカ以外の国の対応はさまざまです。英国では現在も多くの機関でアスペルガー症候群という診断名も使われます。私自身もアスペルガー症候群という診断名を現在も用いることがあります。なお、厚労省が採用しているICDというWHOが規定している診断基準では、現在ICD-10 (第10版)ですが、ICD-10ではアスペルガー症候群という用語が使われてます。(内山登紀夫@よこはま発達相談室、よこはま発達クリニック、大正大学)