第10回 医師のためのDISCOセミナー

DISCOの概要

DISCO(The Diagnostic Interview for Social and Communication Disorders)11th edition(2003)は、Lorna Wing博士・Judith Gould博士らにより開発された自閉症スペクトラムを中心とする発達障害の診断・評価のためのツールです。DISCOは言語発達、運動発達を含む発達全般についての設問と発達障害や精神障害でみられる非定型的行動に関する設問が合計約300項目にわたって設定され、発達歴と現症の記述および支援プログラムの作成に必要な情報を系統的に得ることを目的としています。またこの評定に基づいたアルゴリズムに従って、DSM-5、ICDー10による診断、Gillbergらの診断(2001)、Wing and Gould (1979)の診断を行うことが可能です。

DISCOは発達や行動特性を多様な側面から多項目にわたって把握するという特徴があり、いわば bottom up的な情報収集を行うため、今後国際的診断基準が変わっても診断アルゴリズムを変更することで対応できるようになっています。対象の年齢層は幼児から成人までカバーしており、児童精神科臨床のみならず一般精神科臨床や成人の司法臨床にも使用可能です。

 

本セミナーの位置づけ

2007年Judith Gould博士の協力のもと日本で初めてのDISCOセミナーが開催され、今後日本では内山登紀夫を主催トレーナーとして日本語によるDISCOトレーニング・セミナーを開催することが確認されました。

本セミナーはDISCOを日本においてトレーニングする正式な資格を得た唯一のセミナーです。本セミナーのすべてのコースに参加し、レポートが一定の水準に達したと判断された方には全英自閉症協会(National Autistic Society)の認定証が交付されます。なおDISCOは英語版も日本語版も市販はされず、トレーニングを受けて認定された専門家しか使用することができません。

 なお、受講希望者は認定されることを目標として下さい。認定されない場合DISCOマニュアルを返却していただくことが故Wing博士、Gould博士との取り決めで決まっています。

DISCO使用者のクオリティコントロールのために必要な条件ですので、ご理解をお願い申し上げます。

日程

ステージⅠ (3日間)

2016年4月15日(金)・16日(土)・17日(日)

 

ステージⅡ (2日間)

2016年9月17日(土)・18日(日)

講師

 

内山 登紀夫(よこはま発達クリニック・児童精神科医)
吉田 友子(よこはま発達クリニック・ペック研究所・児童精神科医)
藤岡 宏(つばさ発達クリニック・児童精神科医)
蜂矢 百合子(よこはま発達クリニック・児童精神科医)
宇野 洋太(名古屋大学・児童精神科医)
飯塚 直美(よこはま発達クリニック・言語聴覚士)
北沢 香織(よこはま発達クリニック・臨床心理士) 他

定員・会場

定員:18名
場所:発達精神医学・心理学研究会 セミナールーム

〒224-0032 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央24-3太光ビル6F

※横浜市営地下鉄「センター南」駅より徒歩5分

参加資格

原則として日常、発達障害の診断・臨床を行っている医師を対象とさせていただきますが、発達障害の評価・臨床を行っている心理職・言語聴覚士の方の参加も可能です。

参加者はステージⅠ終了後、ご自身の臨床の場において、DISCOを用いて発達障害の事例についてインタビューする必要があります。希望者多数の場合は受講審査をさせていただきます。

時間割(予定)

ステージⅠ (3日間)
2016年4月15日(金)・16日(土)・17日(日) 

1日目(4月15日・金)
9:30~ 9:50 集合、登録、コーヒー/お茶
9:50~ 10:15 事務連絡、自己紹介
10:15~ 10:30 イントロダクションとコースの概要の説明〈内山〉
10:30~12:00 自閉症の概念、自閉症と自閉症スペクトラム概念の歴史〈宇野・蜂矢〉
12:00~12:10 休憩
12:10~13:00 DISCOの重要ポイントについての講義〈内山〉
13:00~14:00 昼食休憩
14:00~16:30 コーディングの確認〈内山〉

2日目(4月16日・土)
9:30~10:30 心理学的アセスメントについての講義〈北沢〉
10:30~10:45 休憩
10:45~12:15 さまざまなケースの映像提示〈吉田〉
12:15~13:15 昼食
13:15~14:15 コミュニケーションの評価と支援に関する映像提示〈飯塚〉
14:15~14:25 休憩
14:25~16:30 事前課題のコーディングの確認・レーティングの練習・質疑応答<蜂矢・宇野>      
16:45~17:30 補講-構造化の方法と支援の原則〈藤岡〉※自由参加
18:00~20:00 懇親会 ※自由参加

※ステージⅠの事前課題:マニュアルを読み、DISCOインタビューのCDを聴いてコーディングをしてきていただきます。
※補講は本国のセミナーにはない、本セミナー独自の講義です。

3日目(4月17日・日)
9:30~12:30 ロールプレイ(蜂矢・宇野・内山) 3グループに分かれて実施 ※途中休憩
12:30~13:30 昼食
13:30~14:50 ロールプレイ(蜂矢・宇野・内山) 3グループに分かれて実施
14:50~15:00 休憩
15:00~16:00 「レポート」についての説明・質疑応答 〈内山〉


ステージⅡ (2日間)
2016年9月17日(土)・18日(日) 

1日目(9月17日・土)
10:00~10:55 社会性、イマジネーション、セットバック、模倣(1~2歳)、高機能自閉症(ASD)、PDAについての講義 〈宇野〉 
       質疑応答
10:55~11:10 休憩
11:10~12:00 参加者がコーディングのレビュー
(自分でコーディングシートを見ながら自己チェック、内山が質問を受ける、コードを修正する)
12:00~13:00 昼食
13:00~14:00 レポートについての概評〈内山〉
14:00~16:00 ロールプレイ ※途中休憩

2日目(9月18日・日)
10:00~12:00 アルゴリズムの説明〈蜂矢〉 ※途中休憩
12:00~13:00 昼食
13:00~16:00 それぞれ5分ずつ受診理由、診断、アルゴリズム、レコメンデーションをサマライズし、内山がコメント 

※途中休憩

費用

24万円(税込) ※ステージⅠ・Ⅱ受講料およびレポート審査料を含む費用です

お申し込み

第10回 医師のためのDISCOセミナー

受付締切(メール必着)は2016年2月5日(金)17時です。

 

お客様情報の入力画面の「メモ」欄に、下記をご記入ください。

(1)職種(医師、臨床心理士、臨床発達心理士・その他)・ご専門(児童精神科、小児科、精神科、 小児神経科、リハビリテーション科、その他)

(2)受講の動機や目的(簡潔にお書き下さい)

(3)発達障害に関する臨床歴(過去数年間の 臨床内容について簡潔にお書き下さい) 

(4)過去にDISCOセミナーにお申し込みされた方はその旨ご明記下さい

¥24,000

お問い合わせ先

〒224-0032横浜市都筑区茅ヶ崎中央24-3太光ビル5F
よこはま発達クリニック
電話:045-942-1077
FAX:045-942-1099
ホームページ:http://www.ypdc.net

E-mail:info@ypdc.net