2017年 夏のセミナー in 両国「自閉症スペクトラムの理解と支援」

【開催日】2017年7月28日(金)・7月29日(土)・7月30日(日)

 

ダウンロード
2017夏のセミナー チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.7 MB

【セミナー詳細】

<7月28日・金>

『自閉症スペクトラムの基本を理解する』(内山登紀夫)

自閉症スペクトラムは誤解されることの多い障害です。スペクトラムとは連続帯という意味です。自閉症スペクトラムと診断される人の中には言葉によるコミュニケーションが全くできない重度の人も、雄弁に自分の関心事を延々と話すような人もいます。一見全く異なるタイプの人に同じ診断名がつくのは何故でしょう?自閉症スペクトラムの診断が3歳でつくことも50歳になって初めてつく人もいます。このような年齢差があるのは何故でしょう?年齢や知的レベルが違っても自閉症スペクトラムの人には共通した特性があり、支援の方法も共通した部分があります。本セミナーでは、自閉症スペクトラムの基本特性と支援手段の原則についてお話します。

『自閉症スペクトラムの人たちの評価で大切なこと−支援のための評価の実際』(北沢香織)

自閉症スペクトラムは非常にバリエーションの幅が広い障害です。そのため、自閉症特性を見逃されたり、誤解され特性に合った支援を受けられなかったりする人たちがいます。適切な支援につなげるためには、自閉症特性の理解に基づいた、詳細な評価が必要です。本講座では、私たちが日々大切にしている、支援につなげるための評価の視点と、よこはま発達相談室での評価の実際についてお話します。

『自立課題から発展するさまざまな活動の組み立て』(中山清司)

幼児・学齢期の自閉症のお子さんや重度の障害のある成人の方に、本人が無理なく取り組める自立課題を提供することがよくあります。しかし、いつまでも同じ課題を続けて本人が飽きてしまったりする事例も見受けられます。将来の地域生活を見越して、自立課題をどのように発展させていけばいいか、そのプロセスを解説します。青年期の職業課題や実際の仕事だけでなく、学校の学習、余暇や運動、家事活動、そして行動障害への対応にも自立課題は応用できます。最近は、パソコンやスマホを使った課題も充実してきました。自閉症の人たちの実生活に役立つ課題提供について、整理をしたいと思います。

 

<7月29日・土>

『穏やかに暮らすためのコミュニケーション支援〜ビデオを見て考えよう』(飯塚直美)

自閉症スペクトラムのお子さんとその周りの人たちが穏やかに/安心して、自己肯定感をもって/楽しく過ごすために、コミュニケーションの観点からどのような支援が役立つか、実際の評価・指導場面をビデオでご覧いただきつつ、お話しします。さまざまな発達段階のお子さん(知的な遅れのある成人例を含む)の事例をご紹介します。

※昨年の内容をバージョンアップしました。

 

<7月30日・日>

『問題行動とその対応』(内山登紀夫)

ASD(自閉症スペクトラム障害)の問題行動とその対応について考えます。ASD の問題行動は、かんしゃく・自傷・他害行為、多動や不注意などの衝動的行動、ひきこもりや昼夜逆転などに加え、いわゆる触法行為、さらには自殺企図やうつ・不安などの精神科的問題など多岐にわたります。その多くが、自閉症特性への配慮不足から生じていると考えられます。本セミナーでは、ASDにみられやすい問題行動を解説し対応の方法、海外での研究動向などを紹介します。

『基本特性からプランする』(蜂矢百合子)

自閉症スペクトラムの基本特性(三つ組)は、㈰社会性の特徴 ㈪社会的コミュニケーションの特徴 ㈫社会的イマジネーションの特徴、です。基本特性は、子どもの成長によって、その方のライフステージによって変わっていきます。ライフステージによる三つ組の変化を知り、子どもに今何を教えるか、その方に今何を支援するか、プランしていきましょう。

 

【お申し込み】

下記「申し込む」よりお申し込みください。

【キャンセルについて】

キャンセル待ちの方がいらっしゃいますので、ご都合でお申し込みをキャンセルされる場合は、できるだけ早く(遅くとも2017年7月14日午後5時まで)にご連絡ください。お支払いいただいた受講料は返金いたします。(ただし手数料として1,000円を差し引かせていただきますので、ご了承ください。)上記以降はご返金できませんので、ご了承ください。

なおキャンセルポリシーにつきまして、詳細はこちらでご確認ください。

 

【お問い合わせ】

お申し込みや払い込み手続きなどについてのお問い合わせは、下記へお願い致します。

 発達精神医学・心理学研究会 セミナールーム

 〒224-0032

神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央24-3太光ビル6F 

 ☎ 045-942-1160

 E-mail:seminar@ypdc.net

*講座内容についてのご質問は、できるだけメールにてお願い致します。